サンライズアニメ『機動戦士ガンダムSEED』『SEED DESTINY』の二次創作サイトです。同人要素を多数含んでおりますので、同人を知らない方、嫌悪感を抱く方はご遠慮下さいませ。

いらっしゃいませ。
こちらはサンライズアニメ『機動戦士ガンダムSEED』及び『SEED DESTINY』の アスラン×カガリ のカップリングを溺愛する二次創作サイトです。
同人要素を多数含みますので、同人をご存じない方、カップリングに嫌悪感を抱く方は素早くこのページから脱出することをおススメします。
『むしろ望むところだ!』という方は、少しでも楽しんでいただければ幸いですv
*一部、大人向けな表現を含む文章、イラストもございますので18歳未満の方は十分ご注意下さいませ。
*閲覧は自己責任でお願いいたします。


お絵かき練習中
先のイベントにて、お隣の鷹城様と、さらにそのお隣の廉之介様とでお絵かき談義になりまして。
色々お話していたところで、鷹城様と「男の体の描き方って……」というお話になりまして。

その場でさらさらと落書きしてしまえる鷹城様の画力は素晴らしかったのですが、海神は、

「トレース台がないと描けないよ!何回も描き写して修正していかないと顔のディティールがおかしくなっちゃうよ!」

という人間ですので、とっさに自分のサイトに上げておいた落書きの中で一番露出度が高かった「エロスとプシュケ」の素っ裸アスランを出して「この鎖骨のラインが…云々」と話していたのですが。

海神「まだ色塗りしてなくて線画だけですが…」
鷹城様「塗らないの?っていうか、いつ塗るのかと思ってたよ」
海神「えっ…」
廉之介様「え?塗らないの?」
海神「えぇっ…!?」


まさかご自分のサイトを運営されていらっしゃるお忙しい方々が、海神が『落書き』と称してずいぶん昔にアップしたきり放置しておいたイラストの存在をご存じだったらしき発言に衝撃を受けまして。

「そもそも見られていない、見てもとっくに忘れられているもの」と安心していた自分を反省して色を塗ることにいたしました。

廉之介様「蓮ちゃんコミスタ持ってたよね?使ってる?」
海神「いやその…買ったはいいですがまだ一度も(汗)」
廉之介様「まさかまだマウスで色塗りしてるとか…」(胡乱な眼差し)
海神「いやそれは大丈夫です!ちゃんとペンタブ使うようになりましたから!」

発破をかけられないとなかなか動けない人間で申し訳ございません。


そんなわけで、イベントが終わった次の次の日からさっそくコミスタでペン入れをする練習をするために起動させてみました(次の日は半分寝てたのと、お片付けと、コピー本を製本したので一日が終わりました)。

↓つづく






まずは久々にコミスタを起動。
中の機能は一度も使ったことはございません(汗)。
すると勝手に出てくるいかにも初心者向けの使い方講座ムービーが現れたので、一通り閲覧。
よし、基礎は分かった…と思う。
しかし、このムービー、どうやって消すんだ?起動させるたびに毎回出てくるぞ?設定とか見てもよく分からんし……ま、いいか。面倒でも毎回消そう(←映像が出ないよう設定の仕方を調べる手間より、毎回いちいち消すという手段を選ぶ、いかにも機械に弱い人間)。

この時点ですでに大丈夫か、という不安も。
しかしとにかくやってみなければ始まりません。

「よし!まずは線を描く練習をしよう!フォトショで色を塗ったことはあるけど、ぱそこん上でペン入れというのは初めてだ。どうも動かしてる手元と線が引けてく画面が別なのは慣れてないから難しそうだけど…しかしいずれはできるようになりたいと思ってたわけだし」

まずは簡単なイラストを描いてみましょう。
とマジックペンなるツールでお絵かき。色も塗ってみました。
それがこちら↓
ハロ
上手く描けたので(←本当にそうか?)、気を良くして廉之介様にメールで送りつけました(嫌がらせ?)。
日記内にて「目に焼き付いて離れないハロ『もどき』と言われ、
「もどきじゃないやい!一生懸命ハロのつもりで描いたんだ!」という主張のため(笑)。
海神、漫画を描いていた時も、ハロはこの顔しか描いたことはございません。

で、「どうみてもバッファローマンだ。ハロなのは色だけだ」という温かい突っ込みをいただきましたので(笑)、
「なにを!それではもっと頑張ってハロっぽく見えるように描く練習だ!」
と意気込んだのがこちら↓
ハロ2
おぉ!前よりもハロっぽく見えるじゃん!と自画自賛。
トリィも一緒に描いてみました。

難しかったのは文字です。
海神は字だけは右であとは全部左という、矯正された左利きですので、絵はずっと左手でペンを持って描いておりました。
でも字は右で書いたほうがもはや綺麗に書けます。
で、右にペンを持ち直したらこれがパソコン上では上手く書けない(困)。
結局、この書き文字は左手で書きました。

「よし!ペンタブでパソコン上に描く感覚に慣れてきたぞ。練習は終わり!(←本当にそれでいいのか)次はいよいよ本番。エロスとプシュケのイラストのペン入れをしてみよう!」


しかし、調子に乗ったのはそこまでで、ここからが機械音痴の真骨頂でございました。

まずすでにフォトショのデータになっていたイラストの線画をコミスタで開いてみようと試みたのですが、やり方が分からず、検索などであれこれ調べてどうにか線画のデータを持ってくるのに一日。

いざペンを入れてみたらなんだか画像が荒い。
どうしたらいいのだとまたあれこれ調べたり設定を(よく分かっていないなりに)いじってみたりして、ようやくどうやらこれでいいだろうというところにこぎつけるまで一週間(汗)。

少しペン入れをしてみたところで「そういやこの画像、色塗りする時はフォトショにするつもりだけど、データはちゃんと開けるの?」と思いつき、そこでまたやり方が分からず四苦八苦。
開けたら開けたで「あっ!やっぱり画像が荒い!どうしよう!」
とまたさらにあれこれ(数日かかって)調べて設定をいじり…。

ようやく落ち着いてペン入れを本格的にできるようになるまでかなりの時間を要しました。
こういう事があるだろうと予想していたので、今まで使うのをためらっていたのでございます。気力と時間に余裕がないとできない。

で、今度はあまりに昔のイラストなのであちこち気に入らなくなっていて描き直したりいたしまして。
このへんの作業はレイヤーをいくつも作れて、簡単にトレースと同じように透かして見ながらあちこち修正できるのでアナログより楽でした。あと簡単に左右反転できるのも魅力ですね。
素人さんなので、ひっくり返して見ると、顔のバランスなどが変になっていることは多々ございますので。

そんなこんなで、アスランの顔を直したり、体のバランスを直したりしながら、この際すべて練習だと思って、思い切って丁寧にじっくりと直してみました。
で、どうにかアスランのペン入れが終わったのがこちら↓
エロス_線
本当は全身描いてありますが、この腕の下は足の先まですっぽんぽんですので(笑)、ここでは腰までにしておくことにいたします(笑)。
羽がでっかくて描くのに時間がかかりました。
姫様はこれから描きます。

しかし、ここまで来るのにかなりの時間熱中してぱそこんに向かっていたら肩に激痛が走るようになったので(マズイ)、ちょっとペースを落とさざるを得ません。
設定やら何やらはほんとうに面倒だったのですが(今もって、何をどうやったのか自分でもよく分からない)、ペン入れ作業自体は楽しかったです。早く作業を進めて色塗りもしたいです(そもそもそれが目的だったはず)。



スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Copyright © 硝子球儀. all rights reserved.