FC2ブログ
サンライズアニメ『機動戦士ガンダムSEED』『SEED DESTINY』の二次創作サイトです。同人要素を多数含んでおりますので、同人を知らない方、嫌悪感を抱く方はご遠慮下さいませ。

いらっしゃいませ。
こちらはサンライズアニメ『機動戦士ガンダムSEED』及び『SEED DESTINY』の アスラン×カガリ のカップリングを溺愛する二次創作サイトです。
同人要素を多数含みますので、同人をご存じない方、カップリングに嫌悪感を抱く方は素早くこのページから脱出することをおススメします。
『むしろ望むところだ!』という方は、少しでも楽しんでいただければ幸いですv
*一部、大人向けな表現を含む文章、イラストもございますので18歳未満の方は十分ご注意下さいませ。
*閲覧は自己責任でお願いいたします。


イベレポ的なものinスパコミ
行って参りました。
お疲れ様でした。
差し入れ下さった方、遊びに来てくださった方、海神にお声をかけてくださった方、本当にありがとうございました。
いつもたくさんの元気とやる気を頂いております!

イベレポと言うよりは、イベントまでの苦労話(主に前日のドタバタ・笑)が多いような気がするので「イベレポ的」なもの……と題しております。
なにせ、常にギリギリ状態の海神でございますので、イベント近くなってくると、作文やっているのかいないのか、そもそも生きているのかいないのか……そういう進捗状況報告や生存報告がいっさいなくなってしまいます(申し訳……・汗)
新刊案内いっさい出さずに、当日行くと新刊あったりって…。
みなさまpixivやtwitterなどで新刊情報をきちんとチェックし、無駄なく時間を駆使して欲しい本を全部手に入れるというこのご時世に、あまりやらかしていい事とは思えません。
何度もサイトに足を運んで新刊チェック下さっていた方、本当に申し訳ございませんでした…!

さて。
まずは例によって例のごとく、「間に合わないよ!」と言いつつ3日は作文を続けておりました。
日付が変わってイベント当日2時近くなった頃「もう疲れたよー…きっともう間に合わないから寝ちゃおう…」という誘惑に負けかけました。
でも、作文の手が止まらなかったのです。
「あれ?もしかして筆がノってる?…ってことはひょっとしたらひょっとして間に合うんじゃね?」
この時点で、作文も表紙も中途半端です。
でも、とりあえず頑張ってみることに。

その後、なんとまあ勢いで本当に原稿は完成。
驚いたことに表紙もどうにか完成。


どうしよう……できちゃったからにはどうでもイベントに新刊を並べたい…。
しかしこの時点で朝の4時です。
電車の時間を考えると5時くらいには家を出たいです。

1時間しかないよ…!
顔洗ったり着替えたり支度もあるし!


プリンターは1台しかございません。
気持ち的には5台くらい欲しかったですが、でも1台しかありません。
ここからはいくら海神が気を揉んでも時間はかかるだけかかってしまいます。
新刊は50p近く…!
無理無理無理!今度こそ無理…!
でも今度は海神が諦める気ゼロですよ!
ここまできて新刊なしなんて認められるかー!

とりあえずどこまでいけるか足掻いてみることに。
しかし、これまで何冊もコピー本をこのプリンターで作ってきたので、相棒がどの程度のスピードなのかはよく分かっている海神でございます。
新幹線に乗る前に昼ごはんなどのお買い物をするのを諦め、出発を遅らせてさらに粘りますが、まだ間に合いません。

「もうダメだ~~~」
と2階の自室で叫んでいた時、階下の母から悪魔の囁き……いやいや天の声が。
「電車1本遅らせれば?」

「ええぇ!?そんな、遅刻はまずいでしょ!」
っていうか、1本後って何分発なの!?

思わずスマホで時間を調べて。

「………!!!」
出発は、予定より40分ほど遅れ。これならプリントは間に合います。
そして会場に到着するのもほぼ10時ごろ(っていうか正確に言えば9:53……会場広いので歩いて行くとスペースに着くのは10時過ぎるかもしれないけれど、間に合ってる…!)。
開場と同時くらい……あんまり酷い遅刻にはならない……!


海神「ごめん!1本遅らせますー!」
母「はーい!」

こうして原稿は(コピーだけは)間に合い、製本は会場でということに。
本当は会場でコピー本作ってはいけないのです。
混雑の原因にもなりますので。
でもでもここまでやってきたのです。
もはや持っていかない選択肢はありません。
当サークルは開場と同時に行列のできる大手じゃないから大目に見てください…!

新幹線の中で製本できるものならやりたかったのですが、ひと気がないならともかく、GWの真っ最中に新幹線が空いているわけもなく、親子連れで賑やかなこと(泣)。
とてもヲタク本を展開できる状態ではございませんでした。
しかも乗って朝ごはん食べた後から意識不明に(寝落ち)。
気付いたら大宮あたりでした。

結局会場で製本いたしました。
なんとお隣の廉さんとこのサクヤさんがお手伝いして下さいました。
本当に助かりました。ありがとうございます。
何人かの方には「すみません。製作中なのでもうちょっとお待ち下さい」と謝って二度手間かけさせてしまうハメになってしまいましたが、こうしてどうにか新刊はテーブルに並んだのでした。
だって、時間通りに来て新刊ないのと、ちょこっと到着が遅れて新刊あるのとどっちがいいですかって……ねぇ?

サクヤさんと二人でページの確認してからホチキスでとめましたが、そのように慌ただしい中での製本でしたので、乱丁落丁があるかもしれません。
万が一そうした本を手に取ってしまった方は是非お申し出下さいませ。お取り替えいたします(誤字脱字に関してはチェックしている暇がなかったのでお許し下さいませ)。


今回は、結城廉師匠にじっくりとお絵かきのお話を聞けましたのが大変参考になりました。
しかしやっぱり、色塗りはまず自分で色々試してみないとダメですね……いつもギリギリすぎて何かチャレンジしたり調べたりする時間がないのですが、ペン入れ用のペンは基本設定のまま、色は初期設定のカラーパレットしか使っていないと正直に告白しましたら、残念な顔されました…。
そうですよね……それじゃ美しい色使いの素敵イラストなんて夢のまた夢ですよね…。

「キノコタケノコ」戦争で、海神はかもさんと同じタケノコ陣営でございましたが(キノコ優勢、タケノコ劣勢でしたよ!)、幻のスギノコは…そういえば歌にはあるけど、モノを食べたこと……あったようななかったような…(あやふや・汗)。

今回は新兵器「台車」を活用して、荷物を送る時に並ぶ最大手「クロ●コヤマト」さんに挑んでみたりもしました(廉さんの荷物も道連れ)。

お話も盛り上がり、楽しい時間でございました(^-^)

そしてその中で、「10月のスパークではプチオンリーあるから忘れずに申し込まなきゃ」というお話が。
……そ、そうだっけ…?そういえばぴのこ。さんからそんな話があった気が……まずい、完全に忘れてた!助かりましたー!教えていただけなければ、スパークには申し込んでもプチオンリー忘れていたのは間違いありません。

本日ちゃんとスパークもプチオンリーも申し込みを終えましたのでご安心くださいませ!


さて、もっと色々あった気もしますが、なにせまたも完徹で頭が働いておりませんでしたので、記憶があやふやな所も多々ございます。
長々とお付き合いいただきありがとうございました。


辛くも出せた新刊につきましては、現在通販での取り扱い準備を進めております。
でき次第ご連絡いたしますのでもうしばらくお待ちくださいませ。
スポンサーサイト







Comment

 秘密にする

Copyright © 硝子球儀. all rights reserved.